読売ジャイアンツ 小林 誠司♯22 2015年使用キャッチャーミット


follow us in feedly




今シーズンからゼット社と正式にアドバイザリー契約を結び、阪神・藤浪選手や日本ハム・吉川選手らと共にネオステイタスの広告塔を務めます。


ゼットで青のキャッチャーミットと言えばヤクルトで活躍した古田氏を思い浮かべるでしょうが、そもそも人が一番集中できる対象物の色が青だと言われており、青のミットがよく使われるのもこの為です。


しかし近年ではこの投手目線の理由よりも、捕手自身のために黒やオレンジ系のミットが使われることが多いように思われます。
(黒の革は固くハリがあるので長く使用することができ、オレンジ系の革は柔らかく手に馴染みやすい。)

メーカー:ZETT(ネオステイタス)
基本モデル:小林モデル
バックスタイル:ファーストバック












本体カラー:ブルー
革紐カラー:ブラック
裏革カラー:ブルー
指カバー(先出し):ブルー
ウェブカラー:ブルー
ハミダシ:トコハミホワイト
ヘリ革:ブルー
指かけ:ブルー
ステッチ:ホワイト

www.glove-maniacs.com

www.glove-maniacs.com


※プロ野球選手はメーカーより多くのグラブを提供されています。
そのため、当ブログで紹介するものはほんの一例に過ぎません。
また、当ブログの情報は個人的に収集したものであり、その真偽を保証する物ではありませんのでご了承ください。
万が一明らかに誤った情報が記載されている場合はコメントよりご連絡を頂けますと幸いです。













(C) 2014 ぷちころ

TopPageへ